ワンピース 都市伝説 ナミが古代兵器ウラヌス!?実は謎の部分が多いナミ!!その正体とは??

まとめ記事


いつもお読み頂きありがとうございます♪


古参メンバーであるナミですが、
忘れがちですが謎多い女性なんです。
だからこそサンジも参っているのかもしれませんが(笑)
ナミに関して様々な都市伝説が語られていますので
それらをわかりやすくまとめてみました。


それでは、
ワンピース 都市伝説 ナミが古代兵器ウラヌス!?
実は謎の部分が多いナミ!!その正体とは??
の記事をお届けさせていただきます♪

スポンサーリンク

古代兵器ウラヌスではないか?という都市伝説

ワンピース 都市伝説 ナミ

古代兵器ポセイドンが、人魚のしらほしだったという事実は
かなりの衝撃を与えました。
海王類と会話が出来る能力を悪しき事に使えば
世界を滅ぼすことも可能というとんでもない力ですが、
古代兵器=無機物という方程式を崩したことで、
残るウラヌスももしかしたら
生物だという可能性が出てきました。



では、なぜウラヌスがナミなのではないかというと、
それは古代兵器ウラヌスの力が
”天候”を操るものだという都市伝説があるからです。


そう、天候といえば、
ナミの航海士としての能力は超一流です。
むしろ、航海士というフィルターが掛かっている為
天候を読むというのが特別な感じがしませんが、
それは尾田先生が用意したミスリードを
誘う罠かもしれません。



いかな航海士と言えど、
悪魔の実の能力者との戦闘で
天候をある程度操って戦う姿は
航海士のそれを超越しています。


むしろ、元々天候を操る力を持っていると言ったほうが
納得できるくらい強い訳です。


そう考えるとあながち
突拍子もない都市伝説とは言えないのではないでしょうか?


スポンサーリンク

ナミの出生に関する都市伝説

ワンピース 都市伝説 ナミ

忘れてしまいがちですが、
ナミはベルメールさんが拾ってきました。


ということは、ナミの両親は不明なままです。
長い間、ナミの出生の秘密は判りませんでしたが、
魚人島に入り、流れが変わって来ました。

ワンピース 都市伝説 ナミ

魚人のしらほしですが、
どことなくウェーブの掛かった髪が
ナミと雰囲気が似ているんですよね。


魚人族は30歳になると尾ひれが2つに判れて
足になるとのことですから、
ナミの母親が魚人族である可能性が考えられます。


しらほしが「ほっとする」と発言し、
それに対してナミが「境遇が少し似ている」
と言っています。


確かに両者とも、
ナミはアーロンパークで8年間監禁され海図を書かされ、
しらほしはバンダー・デッケンのストーカー行為により
軟禁状態に陥っていました。


ベルメールもオトヒメ王妃も
当人達の目の前で殺されているのも
興味深い共通ですし。



そして、ナミの母親が
オトヒメ王妃だった場合、
しらほしとは姉妹という事になります。


「ほっとする」が姉妹だったからという伏線だとしたら
とんでもない事になりますね。

ワンピース 都市伝説 ナミ

ルフィもナミを魚人族みたいに描いたり、
サンジも冗談で「人魚だったりしてな」
なんて言っていますから
これらが全て共通の事実を指した伏線なのだとしたら、
ナミが魚人族の血を引いているというのも
あながち間違っている推測ではないんでしょうね。


ワンピース 都市伝説 ナミが古代兵器ウラヌス!?
実は謎の部分が多いナミ!!その正体とは??
の記事をお届けしました♪
お読み頂きありがとうございます。

前のページは
arrow_back
ワンピース 都市伝説 ゾロへ
目次
目次へ
これより
arrow_next_no
先のページはありません
スポンサーリンク

この記事へ6件のコメント

  1. エアコン
    2016年7月26日 17:50

    うらぬすだったら仲間に古代平気居ることにw

  2. うんうんそうだね
    2016年7月31日 13:45

    うんうんそうだね

  3. 匿名
    2016年8月9日 12:28

    ありえるかも

  4. 匿名
    2016年8月18日 22:36

    兵器が全部人間とか人魚とかよりもっと想像つかないようなものにしそー

  5. 匿名
    2016年10月4日 10:39

    関係ないけど
    フランキーがプラトンの設計図燃やしたのは
    名シーンだったな

  6. 匿名
    2016年12月5日 1:04

    ナミが魚人属の血を引いているのなら海の中でも呼吸はできるはず。でもエニエスロビーで溺れてたってことは魚人の血は引いてないきがするな。。

この記事へ1件のトラックバック

◆あなたの感想を一言お願いします◆

サブコンテンツ

このページの先頭へ